お絵かきさんPCに必須! ファイルの拡張子を表示させる方法

パソコンで扱う画像形式のファイルの種類は、BMP形式、JPEG形式、PNG形式、GIF形式…などなど、沢山あります。

パソコンを購入すると最初の設定は、ファイルの拡張子を表示しない設定になっています。いわゆる、デフォルト設定ってやつです。

拡張子が見えていない状態

しかし、ファイルの拡張子が全く見えないデフォルト設定のままだと、パソコンを使っていて不便なことが多いんです! とくにパソコンで絵を描く人には不便で保存時にもミスも起こりやすいです。

例えば、自分ではJPEG形式で保存したつもりでも、操作ミスで別の画像形式で保存してしまっていてずっと気づかないことも・・・

画像ファイルが入っているフォルダを開いたときにパッと見て、どのファイルがどの画像形式になっているのか分かるようにパソコンで絵を描く人は、ファイルの拡張子が見えるようにしておいた方が良いのでしょう。




それでは、ファイルの拡張子が見えるようにする設定手順を画像を交えて説明していきますね!

ファイルの拡張子を表示させる設定手順

ファイルの拡張子を表示させる設定手順01

まず、どのフォルダでもいいので、フォルダを開きます。上の画像例では、「新しフォルダー」を開いています。

次に①のところの「表示」タブをクリック。

そして②の「オプション」のところをクリックします。

ファイルの拡張子を表示させる設定手順02

「ファルダーオプション」ウインドウが表示されるので、①のところの「表示」タブをクリック。

次に②のところの「登録されている拡張子は表示しない」のところのチェックを外します。

その次に③のところの「フォルダーに適用」のところのチェックをクリック。

ファイルの拡張子を表示させる設定手順03

「この種類のフォルダーすべてについて現在のフォルダーの表示設定を適用しますか?」と表示されるので、「はい」をクリック。

ファイルの拡張子を表示させる設定手順04

「OK」をクリックして「フォルダーオプション」ウインドウを閉じます。

ファイルの拡張子を表示させる設定手順05

無事に拡張子が見える設定になりました! やっぱり、ファイルの拡張子が見えていると便利です!

タイトルとURLをコピーしました