おすすめの無料お絵かきアプリ(フリーソフト)

無料のお絵かきアプリはたくさんありますが、私が使ってみて、「これは良い!!」と思ったおすすめの無料お絵かきアプリを私のおすすめ順にいくつか紹介します。「パソコンでデジタルイラストを描いてみたいと思っているけど、最初はなるべくお金をかけたくない…」という方には特におすすめの無料アプリ(フリーソフト)です。

高機能で多機能なレタッチソフト「GIMP」

GIMPの画面画像

GIMPは、無料でありながら、有料のレタッチソフトであるフォトショップにも引けを取らないほどの高機能で多機能なレタッチソフトです。レイヤー機能が使えるのはもちろんのこと、多種多様なエフェクトやブラシなども豊富にあります。

スペックが低いPCやメモリが少ないとソフトの起動が遅かったり、操作が少し重かったりするのが難点です。

ただ、無料なのにここまで高機能で多機能なレタッチソフトは現時点では存在していないので、とりあえずパソコンにはインストールしておきたい超オススメのソフトと言えます。




GIMPに興味のある方は下記のサイトからダウンロードしてみてください。

◆GIMPのダウンロード先:
GIMPの作者のサイト

対応OS:Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / Mac

多機能なドローソフト「Inkscape」

Inkscapeの画面画像

Inkscapeは、ベクター形式の画像を作成できる無料のドローソフトです。無料なのに高機能で使いやすいため、多くのイラストレーターやデザイナー達に愛用されています。かっこいいロゴやアイコン画像を作成したり、パス機能を使ってイラストを綺麗に線画化することもできます。

ピクセル形式の画像は拡大するとドットが荒くなり、ギザギザが目立つようになりますが、Inkscapeが採用しているベクトル形式の画像は計算式で画像を描画しているため、どんなに拡大しても画像は荒くはなりません。

強力な作図ツールや編集機能をはじめ、ベクトル形式の画像に変換するトレース機能、レイヤー機能、フィルタ機能、エフェクト機能、テキストツールなどなど、Inkscapeは機能も豊富です。さまざまな形式のファイルとの互換性もあります。

Inkscapeに興味のある方は下記のサイトからダウンロードしてみてください。

◆Inkscapeのダウンロード先:
Inkscapeの公式サイト

対応OS:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / Mac / Linux

多機能ペイントアプリ「PictBear」

PictBearの画面画像

PictBearは、無料なのに多機能なペイントアプリです。PictBearの操作画面は直感で分かりやすく、どことなく、Windowsに標準搭載されているペイントソフトっぽくて、初心者には特に取っつき易いと思います。

アプリの動作はとても軽いのでスペックが低めのパソコンでもサクサク動きます。対応している画像形式は、bmp / jpg / png / gif / tiff / j2k / tga / wmf / psd / jsf / pcx / ras と豊富です。

便利なレイヤー機能が使えるのはもちろんのこと、多彩な種類のブラシが使えたり、画像に対してさまざまなエフェクト処理も行えます。無制限に操作のやり直しが可能(数百前の工程に遡ることも可能)なのも、このアプリの素晴らしいところです。

PictBearは、「軽い! 分かりやすい! 使いやすい! 高機能!」と文句無しにおすすめの無料お絵かきアプリです。惜しまれるのは、PictBearの開発はもう終了しているということです。

ただ、アプリの配布自体はまだ終了していませんので、PictBearに興味のある方は下記のサイトからダウンロードしてみてください。

◆PictBearのダウンロード先:
PictBear – 多機能ペイントアプリ

対応OS:Windows 98 / Me / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10

タイトルとURLをコピーしました